新製品開発・技術力向上
精密鋳型造型機の技術を世界へ。国のJAPANブランド育成支援事業に認定
(事業所名)株式会社前田シェルサービス
(事業内容)鋳物用中子、圧縮空気用エアフィルター製造販売



(右)代表取締役会長 前田貞夫氏
(左)専務取締役    住田 悟氏

 鋳物用中子や圧縮空気用エアフィルターなどをてがける椛O田シェルサービスは、この度、経済産業省のJAPANブランド育成支援事業の採択を受けた。同事業は、地域の優れた製品や技術について、その魅力をさらに高め世界に通用するブランド力の確立を目差すもので、同社の「IHを利用した精密シェル中子鋳型造型機の開発計画」が認定された。
 認定に対し前田会長は「我が社の技術やその製品が“海外でもやれる”と国に認められたことは大変光栄です。世界で唯一、我が社でしかできない技術を日本のブランドとして海外に発信したい」と語る。同社は、これまでに国の支援事業を活用して過熱蒸気を用いた革新的な鋳型造形技術を開発。この技術は、従来の工法に比べてエネルギー消費量が1/2、コストが約30%低減でき、作業環境も飛躍的に改善される。さらに、鋳型の寸法精度・変形なども格段に改善されるため自動車エンジン部品の他に航空機産業など幅広い分野への応用が期待できる。今後はドイツ、米国をはじめ中国、インドなどの途上国へも国際展示会への出展・発表を通じてブランド化を目差す。
 「これまでJAPANブランドで認定を受けた製品はコンシュマー製品が中心で工業製品をして認定されたのは当社が初めて。まずは、協力機関や専門家とともにブランド化するための戦略を策定し、そして世界に革新的な日本の技術として発信したい。」革新された鋳物技術が岡崎から世界に発信される。