補助金・助成金の活用事例
自社技術をブラシュアップし、新製品を開発
(事業所名)株式会社三龍社
(事業内容)燃焼装置、精密機器、ショットブラスト等製造販売



(左)技術顧問 尾崎重仁 氏
(右)技術係長 加藤 享  氏


(1)どのような新製品ですか?
 高出力の長尺形小型モータです。従来の長尺形小型モータは、オフィス、住宅、ホテル向けの遮蔽物(カーテン、ブラインド等)の昇降 用の駆動装置として利用し、これを巻上げの軸に組込むことで外観の見栄えをよくしています。今回は遮蔽物の大型化に対応できる高出力 のモータに性能を高めました。

(2)技術面の課題をどう解決しましたか?
 プラスチック成形、プレス加工等の協力会社とよく相談し、問題・課題を解決しました。各方面の方々と、面談や相談することで、自分 たちが考えつかない材質や加工方法に辿りつき、新たな発見ができました。

(3)新製品開発を行う企業へのアドバイス
 自社がもつ技術をブラシュアップして新製品開発に繋げていくかが重要で、そのためには常に新しいことを考え、トライすることが必要 であると考えます。とくに、今回は、国の補助金を活用することができたため、日頃から考えていたことが計画的に形(製品)にできます。